筑後アート往来2017 アーティスト・イン・レジデンス 交換プログラム〔日本→韓国〕

 

九州芸文館と釜山ホンティアートセンターとのアーティスト・イン・レジデンス 交換プログラム〔日本→韓国〕を開始します。

2016年度に引き続き、2017年度も、アーティスト・イン・レジデンス交換プログラムを実施します。

派遣する作家および派遣先は以下のとおりです。

 

派遣作家:乃美 希久子(Nomi Kikuko) (推薦:コーディネーター ART BASE 88 宮本初音)

派遣先:釜山ホンティアートセンター(釜山広域市)

派遣期間:平成29年9月4日(月)~10月31日(火)(予定) 

 

 ◎アーティストプロフィール:乃美 希久子

1978 熊本県生まれ

2000 九州産業大学芸術学部美術学科絵画コース卒業

 

◎個展

2016「Nomi Kikuko Exhibition」カラマリ・インク(福岡)

2005「Project for actual art 004」art space tetra(福岡)

2004「アートの現場・福岡VOL.16「空き家」」福岡県立美術館(福岡)

2003「寝床」MODERN ART BANK WALD(福岡)

2000「ROOM」ギャラリー銀座フォレスト(東京)

 

◎主なグループ展

2006「愉しき家」愛知県立美術館(愛知)

2005「FISSION PRODUCTS」FUTURE PROSPECTS(フィリピン)

2005「倉敷現代アートビエンナーレ・西日本」加計美術館(岡山)

2005「Aesthetics/Dietetics」ベルガモ近代美術館(イタリア)

2003「Working Hypothesis」北九州市立旧百三十銀行ギャラリー(北九州)

2003「WALD GRAPH 5」MODERN ART BANK WALD(福岡)

2002「Apartment」MODERN ART BANK WALD(福岡)

 

◎参考作品

乃美希久子の作品

                                                                                              2016年個展会場(カラマリ・インク、福岡)

                                                                                              素材:鏡、油粘土、電球、パネルに鉛筆 

                                                                                              photo: Shintaro Yamanaka (Qsyum!)

 

◎参考サイト

2016年個展専用ページ http://nomi.calamariinc.com/

 

◎文献

遠藤水城:骨と肉、ふたつの夢--マリーナ・アヴラモヴィッチと乃美希久子

(シリーズ名 特集 おんな,からだ,こころ,ことば。--女性アーティストの表現)

出版年 2004-03 美術手帖 掲載巻 56 掲載号 846 掲載ページ 96~99

 

お問い合わせ

「ちくごJR芸術の郷」事業団
〒833-0015 筑後市大字津島1131(九州芸文館内)
TEL:0942-52-6435 FAX:0942-52-6470
Mail:info@kyushu-geibun.jp