コレクティヴと考える―パンデミック以降の地域文化活動の可能性

特設ウェブサイト

https://bersama-kolektif.com/

オンライン・トークのアーカイヴ映像や、コレクティヴちっごの活動記録などを、順次公開していきます。

2019年末から爆発的な広がりを見せた新型コロナウィルス(COVID-19)によって、世界は瞬く間に変化してしまいました。移動や外出が制限され、人が他人と会うという日常的な行為は、今や安心してできることではありません。

このパンデミックは、近年、交流や関係性を創出させる取り組みが多く見られる現代美術の領域においても、作家の活動に大きな影響、そして制約を与えています。また、多くの国際展覧会も中止になり、博物館や美術館もその活動の制限を余儀なくされています。この状況下で、これまで、オリジナルであることや、直接的な体験がその価値を担保してきた美術には、何ができるのでしょうか。

インドネシアのアート・コレクティヴであるルアンルパ(ruangrupa)がドクメンタ15の芸術監督となったことに象徴されるように、近年、美術界ではアート・コレクティヴの活動が大きな注目を集めています。人々が集まり、アイディアを共有し、時には美術の領域をはみ出して協働することによって、交流や関係性を生み出し、可視化してきたコレクティヴたち。「集まる」ことを活動の核としてきた彼らは、コロカ禍におけるこれからの人と人との交流をどのように捉えているのか。地域のコミュニティはどのように創造、維持されていくのか。国を越えた移動もままならないこの状況で、国際的な交流はどのように可能になるのか。

本企画では、こうした問題意識の下、今や非日常になってしまった、人が「集まる」ということを主要なテーマとし、インドネシアの8組のコレクティヴと専門家による連続トーク、そしてオフラインで進行する井戸端会議企画「コレクティヴちっご」を通して、コロナ禍における人々の交流とアートの可能性を探ります。

要事前申し込み

応募は以下のバナーをクリック

↑オンライン開催(Zoomを使用)↑

 

↑オフライン開催(九州芸文館に集まる)↑