福岡の桃山茶陶展

 

↑(チラシ表)上の画像をクリックして下さい。PDFが開き、詳細を確認することができます。

↑(チラシ裏)上の画像をクリックして下さい。PDFが開き、詳細を確認することができます。

 

《会 期》
2021年10月30日(土)~11月28日(日)

《時 間》
10:00〜17:00(※最終入場は16:30)

《入場料》
入場無料

《会場内にて動画上映予定》
※下記2つのイベントについては、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、
会場内での動画上映のみとさせていただき、有観客での開催はございません。

①記念講演
「『茶陶髙取』炎と手の記憶・桃山茶陶内ヶ磯窯の謎を解く」
講演者:小山 亘(桃山茶陶研究家)
織部オリジナルの独創的な茶陶が福岡県の内ヶ磯窯で焼かれていた。
今回はその作者と作品に迫る。

②パネルディスカッション
「再考!福岡のやきもの~発掘陶片が語る歴史の真実と魅力」

内ヶ磯窯と京都三条「せと物や町」を発掘調査された先生と
地元の桃山茶陶研究家・陶芸家によるトークショー。
上野焼・高取焼をそれぞれの陶片から歴史の真実に迫る。
◆パネラー
副島 邦弘(第一次内ヶ磯窯跡発掘調査主任)
岸本 圭 (福岡県教育庁文化財保護課)
西森 正晃(京都文化財保護課記念物係 史跡・世界遺産担当)
山本 源太(筑後の陶芸家)
小山 亘 (桃山茶陶研究家)
◆進行  
母里 聖徳(美術家)

《同時開催》
つくし窯焼成作陶展(会場教室工房1・2)
つくし窯にて焼成された作品を展示します。
< 出 品 作 家 > 亀井 味楽/髙取 八仙/髙取 八山/髙鶴 淳一/渡 仁/髙鶴 享一/今林 久/堺 敏
山本 源太/世良 公男/長沼 武久/梶原 陽峰/友枝 観水/酒井 俊雄 ほか

《主 催》
ちくごJR芸術の郷事業団(九州芸文館)

《共 催》
九州桃山茶陶研究会

《後 援》
福岡県、福岡県教育委員会、筑後七国活性化協議会、筑後七国商工連合会、テレQ、テレビ西日本、九州朝日放送、FBS福岡放送、RKB毎日放送、FM FUKUOKA、cross fm、Love FM国際放送、西日本新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、朝日新聞社、有明新報社、九州旅客鉄道株式会社、西日本鉄道株式会社、FMたんと

 

 

お問い合わせ

「ちくごJR芸術の郷」事業団
〒833-0015 筑後市大字津島1131(九州芸文館内)
TEL:0942-52-6435 FAX:0942-52-6470
Mail:info@kyushu-geibun.jp

アンケート