九州芸文館について

 

『筑後広域公園芸術文化交流施設(愛称:九州芸文館)』(以下九州芸文館)は、「公園の中の駅」である九州新幹線筑後船小屋駅前に整備した施設です

九州芸文館は、芸術文化関連団体やまちづくり団体等と連携を図りながら、芸術文化・体験・交流などさまざまな事業を展開し、公園や地域の魅力を発信することで、筑後地域の振興や発展に寄与・活用される事を目的として整備しました。

国立競技場の設計者の一人である隈研吾さんがデザインした九州芸文館。本館の大地からつながる特徴的な斜めの屋根。この「斜めの美学」とよばれる手法は、隈研吾さんが設計する多くの建築物に生かされているそうです

 

九州芸文館紹介ムービー