今森光彦の世界展 -生命をみるまなざし-

ⒸMitsuhiko Imamori

 

  〇 会 期 平成25年7月20日(土)~9月1日(日)
  〇 休館日 月曜日
  〇 会 場 九州芸文館 大交流室、教室工房1・2
  〇 開催時間 午前10時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
  〇 入場料

・ 一 般 1,000円(800円)

・ 高大生  800円(600円)

・ 小中生  500円(300円)

※ ( )内は前売り・20名以上の団体料金

※ 65歳以上の人は800円(チケット購入の際に年齢が分かるもの(健康保険証・運転免許証等)をご提示ください。

※ 土曜日は高校生以下無料

※ 身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている人とその介助者は無料。受付で障がい者手帳等をご提示ください。

※ 前売り券の販売は終了しました。

   〇お問合わせ

 九州芸文館美術展実行委員会 事務局

電話:092-643-3724 (福岡県庁公園街路課内)

   

 

 リーフレットPDF(表)     リーフレットPDF(裏)

 

ごあいさつ

今森光彦(1954~)は、昆虫写真家として活動を開始し、世界各地に取材を重ねて、多様な昆虫の世界をカメラに収めてきました。1992年頃からは、アトリエのある滋賀県に拠点を定め、琵琶湖周辺の住民が周囲の自然と共存して暮らす環境を「里山」として捉え、カメラで追いかけはじめました。人々と自然との瑞々しい共生の姿は大きな反響を呼び、「里山」という言葉や自然との付き合い方を広く人々に知らしめることとなりました。
写真家として大きな足跡を残している今森のもうひとつの顔が、ペーパーカット(切り紙)作家です。小学校時代に熱中した切り絵を、写真家となってから再開し、昆虫や獣、草花などをはさみ一本で、まるで魔法のように一枚の紙から生み出していきます。

本展覧会では、「いきもの」「里山」の写真に加え、「ペーパーカット」の作品が一堂に会します。いずれにおいても、自然や里人、地域に対する今森の旺盛な好奇心と生命に対する暖かな眼差しが貫かれています。
今森は全国に多くのファンを持ち、これまでにも各地で展覧会が開かれてきましたが、同氏の全貌がここまで一挙に紹介される展覧会は初めての試みです。

九州芸文館は、多くの虫や鳥の棲息する筑後広域公園内にあり、周囲には「里山」が広がっています。九州芸文館を取り巻く地域は、まさに今森のフィールドと重なっていると言えます。今森の“まなざし”に触れることにより、筑後の豊かな環境を新たな角度から見直すきっかけとなるものと思います。

会期中は、子どもたちが夢中になる切り絵体験や撮影会などの関連イベントも実施します。夏休みの忘れられない思い出になるはずです。
 

作家プロフィール
 

今森光彦 (いまもり みつひこ)

 

1954年 滋賀県生まれ。
大学(近畿大学土木工学科)卒業後、独学で写真技術を学び、1980年よりフリーランスとなる。以来、琵琶湖をとりまく自然と人との関わりをテーマに撮影する。一方、熱帯雨林から砂漠まで、広く世界の辺境の地を取材し続けている。現在、滋賀県大津市在住。
写真集に『昆虫記』(1988年 福音館書店)、『世界昆虫記』(1994年 福音館書店)、『里山物語』(1995年 新潮社)、『湖辺』(2004年 世界文化社)など多数。
第48回毎日出版文化賞(1994年)、第20回木村伊兵衛写真賞(1995年)、第28回土門拳賞(2009年)など多くの受賞歴を持つ。
 

 

会期中イベント

〇オープニングイベント

「今森光彦スライドトーク&サイン会」 (参加申し込みは必要ありません。当日は、直接会場へお越しください)

日 時 : 7月20日(土) 午後2時~

会 場 : 九州芸文館 教室工房3・4

定 員 : 60名 (参加料無料)

スライドトーク終了後、今森光彦氏のサイン会を行います。ただし、当日会場にて関連書籍をお買い上げのお客さまに限ります。

「今森さんとペーパーカットをやってみよう」 (申込受付は終了いたしました。たくさんのお申し込みありがとうございました)

日 時 : 7月21日(日) 午前10時~11時30分

会 場 : 九州芸文館 教室工房3・4

定 員 : 20名 (参加料500円)

紙とはさみを使って、今森さんご本人と草花や昆虫、動物などを作り、ペーパーカットの魅力を体験します。

小学生以上が対象です。小学生は保護者同伴でご参加ください。

「今森さんと森を探検して写真を撮ろう」  (申込受付は終了いたしました。たくさんのお申し込みありがとうございました)

日 時 : 7月21日(日) 午後1時~4時

会 場 : 九州芸文館 教室工房3・4 (途中、公園内の緑地に移動します)

定 員 : 20名 (参加料500円)

今森さんご本人と一緒に緑地を探検して「いきもの」を観察、その瞬間を写真に収めます。撮った写真は戻ってプリントアウトします。

小学生以上が対象です。小学生は保護者同伴でご参加ください。

(機材協力:キヤノンマーケティングジャパン株式会社)

〇その他のワークショップ

「植物画に挑戦しよう」 (申込受付は終了いたしました。たくさんのお申し込みありがとうございました)

日 時 : 8月18日(日) 午後1時30分~3時30分

会 場 : 九州芸文館 教室工房3・4

講 師 : 中島リエ子氏(植物画家)

定 員 : 20名 (参加費1,000円)

植物画家の中島さんに教わりながら、身近な野草をリアルに描く、不思議な植物画の魅力に触れます。

小学生以上が対象です。小学生は保護者同伴でご参加ください。

「オーブンねんどでいきものをつくろう」  (申込受付は終了いたしました。たくさんのお申し込みありがとうございました)

日 時 : 8月31日(土) 午前10時~午後3時

会 場 : 九州芸文館 教室工房6

講 師 : 角孝政氏(アーティスト)

定 員 : 15名 (参加費1,000円)

不思議博物館館長でもある角さんとオーブンねんどを使ってオリジナルの生きものを作ります。

小学生以上が対象です。小学生は保護者同伴でご参加ください。

〇学芸員によるギャラリートーク

日 時 : 7月31日(水)、8月14日(水)、8月28日(水)

各回とも、午後2時~2時30分 (全3回)

〇継続企画

「ペーパーカット体験/絵本コーナー」

会場内にペーパーカット体験や、今森氏の写真集・絵本・ペーパーカットの本などを自由に閲覧できるコーナーを常設します。

〇「今森光彦の世界展」開催期間中限定 特別メニュー (カフェレストラン「ななつ星」)

九州芸文館内カフェレストラン「ななつ星」が、「今森光彦の世界展-生命をみるまなざし-」開催期間のみご提供できる特別メニューをご用意されました。

「ちくご里山プレート」 (1,480円 1日20食限定)

「今森先生が手掛けられた里山、いきもの、ペーパーカットの作品から受けたイメージは、
『素朴な中にも鮮やかな自然の色合い』『ふるさとの風景とともに思い出される祖父母の
家で出される手料理』。これらのイメージをもとに筑後の食材・特産品を盛り込み、9品で
プレートを構成しました。(原店長より)」

 

「プレート」

 ・ ヤマメの南蛮漬け (中央)

 ・ う巻き ウナギの卵巻き (右下段、以降時計回り)

 ・ 高菜炒め

 ・ アスパラと木耳の春雨サラダ

 ・ がめ煮

 ・ 八女紅茶の豚角煮

 ・ 桃の寒天寄せ

 ・ デラウェア

 ・ 椎茸の肉詰めフライ

「二色おにぎり(雑穀ごはん、鶏牛蒡の炊き込みごはん)

「筑後ごろし麺のお味噌汁」

 

作品紹介
里 山

ⒸMitsuhiko Imamori

[朝焼けの棚田]

 

鍬をもった農家の人が田んぼの見回りをしている

早朝は、劇的に美しい。

ⒸMitsuhiko Imamori

[親村の和尚]

 

みこしが神社から出ている間、るすばんをする村の長老たち。

神様に一番近い存在。

ⒸMitsuhiko Imamori

[春の河口]

 

三五郎さんが漁をする場所には、

ヨシ原とヤナギの森が今でも健全に残っている。

ⒸMitsuhiko Imamori

[田んぼから顔を出したトノサマガエル]

 

浮き草の茂る水面から顔を出したのは、トノサマガエル。

表情は、とてもユーモラス。

 

地球いきものがたり

ⒸMitsuhiko Imamori

[ラフレシア]

 100×150

ⒸMitsuhiko Imamori

[フタボシゲンセイ]

 100×125

ⒸMitsuhiko Imamori

[夕方、活動をはじめたミツユビナマケモノ]

 100×125

ⒸMitsuhiko Imamori

[エレファントバードの卵を持つ少年]

 100×150

  

ペーパーカット

ⒸMitsuhiko Imamori

[アポロウスバシロチョウ]

 2010年 35.5×52.5

ⒸMitsuhiko Imamori

[オオクワガタのけんか]

 2008年 11

ⒸMitsuhiko Imamori

[キアゲハ]

 2000年 29×29

ⒸMitsuhiko Imamori

[サンショクキムネオオハシ]

 2001年 83.5×58.5

 


 

  〇 主 催 九州芸文館美術展実行委員会
  〇 後 援(予定) 西日本新聞社、朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、有明新報社、NHK福岡放送局、RKB毎日放送、九州朝日放送、TNCテレビ西日本、FBS福岡放送、TVQ九州放送、大牟田市、久留米市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、小郡市、うきは市、朝倉市、みやま市、筑前町、東峰村、大刀洗町、大木町、広川町、大牟田市教育委員会、久留米市教育委員会、柳川市教育委員会、八女市教育委員会、筑後市教育委員会、大川市教育委員会、小郡市教育委員会、うきは市教育委員会、朝倉市教育委員会、みやま市教育委員会、筑前町教育委員会、東峰村教育委員会、大刀洗町教育委員会、大木町教育委員会、広川町教育委員会

 

 

 

お問い合わせ

九州芸文館美術展実行委員会事務局

TEL:092-643-3724 FAX:092-643-3752
Mail: