筑後アート往来2017→2018 藝術生活宣言ーだって楽しいんだもん!

 

 

藝術生活宣言ーだって楽しいんだもん!

 

福岡県筑後地域において国内外の様々な芸術家による作品創作・展示・交流を行うプロジェクト「筑後アート往来」。

本展では、人、地域、自然と関わりながら、しなやかに力強く藝術生活を営む4人のアーティストの活動を紹介します。少しの工夫で私たちの生活を楽しくする術とは!?

生島国宜は筑後の人々が見た夢のインタビューを基に絵画を制作し、天野百恵は自身が運営する自宅兼アートスペース「くるくるハイツ」での活動をインスタ レーション(空間藝術)として表します。また、加藤笑平は筑後地域の川を巡り、そこに暮らす人々の根源的な営みに迫る作品を制作し、國盛麻衣佳は自身の出身地である大牟田市の炭鉱の歴史をテーマに作品を制作します。九州芸文館を舞台に新鋭現代美術家4人が繰り広げるアートをお楽しみください。   

 

出品作家

生島国宜(画家)、天野百恵(美術家)、加藤笑平(美術家)、國盛麻衣佳(美術家)

 
 

会期

2018年2月11日(日・祝)〜3月11日(日)

休館日:月曜日[ただし2月12日(月・休)開館、翌2月13日(火)休館]

 

開場時間

10:00〜17:00

 

会場

九州芸文館 大交流室

 

入場無料

 

主催:九州芸文館芸術文化交流拠点性発揮実行委員会(福岡県、筑後市、九州芸文館、筑後市美術協会、筑後市観光協会)

本展キュレーター:関岡絵梨花(福岡県文化振興課学芸員)

 本展アシスタント:石原雅也(佐賀大学大学院地域デザイン研究科)

 コーディネーター:宮本初音(ART BASE 88)

広報デザイン:クルール

 

 

作家プロフィール

 
 

《遠い山並みの光》2017年

 

 

 

 生島国宜 Ixima Kuniyosi

1980年福岡県春日市生まれ/筑紫郡在住。画家。2003年武蔵野美術大学油絵学科卒業。クリスチャン・ディオールや日本の舞踏家など、実在する人物の顔や姿を多面的に捉え、様々なタッチで描く。主な個展は2014年『生島国宜展』(ミヤケファインアート/東京)、2017年『生島国宜新作展』(ヤマネアートラボ/福岡)など。2015年『N COLLECTION「テセウスの船−鏡のあちらとこちら」』(アートベース百島/広島)などのグループ展に参加。イベントなどの企画も手がけ、2015年「瞼を透かして見る夜」(FACTORY UNVELASHU/福岡)では音楽家やパフォーマーを集めたライブを行う。

http://iximakuniyosi.blogspot.jp/  

 

 

 

 

 

「くるくるハイツ」でのイベント風景 2017年

  

 

《「空を集める」-seek the sky- 》展示風景 2011年

 

 

天野百恵  Amano Moe

1982年福岡県福岡市生まれ/糸島市在住。美術家。2004年九州産業大学芸術学部美術学科卒業。2010年の出産を期に、クリエイティブな暮らし方を考える活動を開始する。2017年に糸島の古民家「くるくるハイツ」を拠点として子どもと3人で暮らし始め、”開かれた田舎の家”をテーマに場づくりを行っている。主な個展は2010年『かすみたつ やわらかい雨』(ギャラリー16/京都)、2011年『「空を集める」-seek the sky-』(うめぞのCAFE&GALLERY/京都)など。2011年『激凸展』(unseal contemporary/東京)などのグループ展に参加。

http://moeama.net

 

 

 

 

  

《小さい時の井戸の感覚》2017年

 

 

加藤笑平 Kato Showhey

1983年東京都葛飾区生まれ/福岡市在住。美術家。2002年東京都立八王子工業高等学校応用デザイン科卒。2005年より九州を拠点とし、自ら農耕・塩づくりを行い、熊本で「天草在郷美術館」を設立する。絵画やインスタレーション、パフォーマンス作品を同時に展開し、相反するものが共存している日常の状態を形にする。主な個展は2015年『頂がみえない』(IAFSHOP*/福岡)、2017年『川の交わり/小さい時の井戸の感覚』(福岡アジア美術館/福岡)など。2011年『1枚の絵の力 Power of a Painting』(3331Arts Chiyoda/東京)などのグループ展に参加。

https://showheyhot.wordpress.com

 

 

 

 

 《Coalmine Portrait 01》2010年

 

 

國盛麻衣佳  Kunimori Maika

1986年福岡県大牟田市生まれ/大牟田市在住。美術家。2017年九州大学大学院芸術工学府芸術工学専攻にて博士号取得。炭鉱をテーマとし、「COAL PAINT(コールペイント/炭鉱地で採取した石炭、石炭灰を原料としたオリジナルの絵の具)」を用いた作品制作や、ワークショップ等を行う。近年の活動は、炭鉱と文化に関する講演、まち歩き、ワークショップを2017年「JOBAN ARTMINE-アートで掘り出す黒ダイヤ-」(福島)で開催。主な個展は2011年『be with underground』(銀座gallery女子美/東京)、2012年『miner’s life』(コバヤシ画廊/東京)など。

 

 

関連イベント

 
オープニングイベント
 

2月11日(日・祝) 会場:大交流室

 
①出品作家によるギャラリーツアー
 
展覧会場をまわりながら、出品作家による作品解説をお楽しみいただけます。
 

時間:10:15〜(約1時間程度) 

参加無料・申込不要

 

②ワークショップ「船小屋鉱泉の絵の具で手を描こう」

筑後船小屋の鉱泉の成分から作った絵の具を使って、手を描きます。

時間:「①出品作家によるギャラリーツアー」國盛麻衣佳のトーク中から随時

講師:國盛麻衣佳(美術家)  

対象:子ども〜大人(参加無料・申込不要)

 

③加藤笑平パフォーマンス「close for them in our openmind at the river's edge.」

時間:15:00〜(参加無料・申込不要)  

 
 
 
 
「アートを味わう鑑賞ツアー」

展覧会場内や館内の常設アート作品を味わう鑑賞ツアーを行います。

日時:3月3日(土)14:00〜15:00  会場:大交流室、館内   

講師:天野百恵(美術家)  

定員:15名  対象:子ども〜大人(参加無料・申込不要)  

 
 
 
 
くるくるハイツ「出張オープンミーティング」

天野百恵が「くるくるハイツ」で定期的に行っている開かれたミーティングを九州芸文館で開催!

場づくりってなんだろう?

日時:3月4日(日)14:00〜15:00  会場:大交流室 

講師:天野百恵(美術家)  

定員:15名  対象:子ども〜大人(参加無料・申込不要)

 
 
 
 
筑後船小屋まち歩きツアー

ガイドによる解説のもと、筑後船小屋(筑後市)を散策します。

日時:3月10日(土)13:00〜16:00

ガイド:安西司(九州芸文館)、國盛麻衣佳(美術家)

集合:大交流室 解散:川の駅船小屋 恋ぼたる 散策地:筑後船小屋周辺

定員:20名(先着順・要申込)

申込方法:電話(九州芸文館 0942-52-6435)もしくは「申込フォーム」よりご応募ください。 

対象:小学校高学年〜大人(小学生は保護者同伴)  参加無料

 

〈申込締切り〉3月8日(木)

 
※定員になり次第締め切らせていただきます。 ※歩きやすい服装・靴でお越しください。
※雨天決行、悪天候の場合は中止することがあります。
 
 
 
 
 
クロージングイベント
 

3月11日(日) 10:00〜17:00  会場:大交流室

 

①クロージングパーティー

音楽を聴いたり、楽しくおしゃべりをしながら、作品鑑賞をしませんか。 この日はDJもやってきます!

企画:生島国宜(画家) 参加費:大人1,500円(申込不要)

 

②加藤笑平パフォーマンス「open to outside into bridge someone wide and flow.」〔仮〕    

 

 

*その他、イベント計画中!  

最新情報は館内入口・筑後アート往来Facebook ページにて 

 
 
 
 

本展 Facebook

https://www.facebook.com/chikugoartourai/

   

 

・「筑後船小屋まち歩きツアー」【お申込みフォーム

 
名前

※必須

フリガナ

※必須

性別
 男  女 

※必須

年齢

※必須

保護者名

※小学生の方は必須事項となります。

郵便番号

※必須

住所

※必須

電話番号(携帯可)

※必須 イベントに関するご連絡をさせていただく場合がございます。 ご連絡が取りやすい電話番号の記入をお願いいたします。

メールアドレス

※必須 お申込み後、受付完了メールが送信されます。 記入の際はお間違いのないようにお願いいたします。