ちっごびより―筑後を楽しむ展覧会

  ちっご(筑後)ってどんなところ?美術に答ってあるの?

筑後広域公園内にある九州芸文館(芸術文化交流施設)では、筑後の豊かな自然環境や文化の中で美術との身近な関わり方を探る美術展を開催します。福岡県立美術館のコレクションから筑後ゆかりの作家、坂本繁二郎や髙島野十郎の絵画や彫刻作品などを紹介します。また、福岡県在住の現代美術家2名が九州芸文館の建築全体を使ったインスタレーション(空間芸術)作品や体験型作品を展示します。さらに親子での展覧会デビューのコツやこどもから大人まで作品を気軽に楽しむための体験をサポートします!
 

会期日程


会期2018512日(土)〜63日(日)
会場:九州芸文館

開場時間10:0017:00(入場は16:30まで)
休館日:月曜日
入場料:一 般 210円(160円)
*( )内は20名以上の団体料金
高校生以下、65歳以上の方、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方およびその介助者、教職員引率による高校生以下および引率者は無料
主催:九州芸文館美術展実行委員会


福岡県立美術館の筑後ゆかりの作品

福岡県立美術館のコレクションから筑後ゆかりの作家の絵画や彫刻作品などを紹介します。

 

  

 
上:髙島野十郎《筑後川遠望》1949年頃、尾花成春《風景 筑後川より》1987年
中:内野秀美《航海》1985年、平井光典《ちくご路》1983年
下:吉田博《雲表》1909年、坂本繁二郎《能面》1955年


ゲストアーティスト/キュレーター

ゲストアーティスト:鈴木淳(美術家)+梅木隆(美術家/宅老所はるさん家 代表)

 
 

 ゲストキュレーター:原田真紀(ママとこどものアートじかんプロジェクト代表/キュレーター)



 

 関連イベント

 

ママとこどものアートじかんプロデュース
「親子で展覧会デビューツアー」in九州芸文館

5月12日(土)10:30〜11:30

 

アクロス・ミュージアムコンサート

「ファミリーで楽しむ音楽会」

5月13日(日)第1部13:30〜 
第2部15:00〜(各回 約30分)

 「似木絵、どうです?」

5月20日(日)13:00~17:00

 学芸員による展覧会『ちっごびより』ツアー

5月26日(土)14:00〜14:30

 鈴木淳+梅木隆 アーティスト・トーク

6月3日(日)14:00~(約1時間)

 

 詳細はリンク先へ
 

 体験コーナー

「そこにそこ」をさがしてみよー


地図でまわる鈴木淳のアートさがし!
館内やその周辺に展示された作品を見つけて、好きなタイトルをつけ、風船をゲットしよう!

企画:鈴木淳(美術家)
日時:会期中10:30~16:30
会場:九州芸文館とその周辺
参加無料(※ただし本展観覧券が必要です)/申込不要
※風船はなくなり次第、終了とさせていただきます。

 

お手玉づくりコーナー

筑後エリアのおばあちゃんたちは裁縫が得意!久留米絣などのハギレを使ってお手玉をつくっています。
「お手玉づくりコーナー」では好きな布を選んでお手玉をつくり持ち帰ることができます。

企画:梅木隆(美術家/宅老所はるさん家 代表)
日時:会期中10:30〜16:30
会場:展覧会場
参加無料(※ただし本展観覧券が必要です)/申込不要
※1名3個まで 
※材料がなくなり次第、終了とさせていただきます。
※時間帯によっては混雑する場合があります。

 

アートあじわい処(どころ)


作品を見ながら「ぬりえ」や「俳句」、デッサンなどにチャレンジしてみませんか。
アーティストが考案したアートあじわい体験もあります。
特設コーナーに展示もできるほか、持ち帰ることもできます。

企画:原田真紀(キュレーター)
日時:会期中10:30〜16:30
会場:展覧会場
参加無料(※ただし本展観覧券が必要です)/申込不要
※時間帯によっては混雑する場合があります。