九州芸文館アーティスト・イン・レジデンス2020

 

上の画像をクリックしていただくと、大きい画面でご覧になれます

 

【ご来館の皆様へお知らせ】

現在、作品展開催期間中ですが、山口貴一 作品については、3.23(火)完成予定です。

現在は制作途中の作品をご覧いただけるようになっております。

 

九州芸文館アーティスト・イン・レジデンス

 

アーティストが国や文化の違いを越え、異国の地域社会に身を置き、異なる文化や歴史の中で、

暮らしや人々との交流を通して発想し、滞在制作を行います。

市民はアーティストの制作現場に立ち会い、地域の文化振興に参加しています。

九州芸文館は芸術と人との交流を紡いでいます。

今季はコロナ禍によって海外作家招聘と国内作家の海外派遣を中止し、九州芸文館にて国内作家の交流事業を行う事となりました。

昨年までに韓国・釜山のHongti Art Centerへ海外派遣した2名の作家を九州芸文館に招聘し、滞在制作を行います。

 

開催概要

場所:九州芸文館

滞在制作期間:2021.2.2(火)〜3.28(日)

作品制作展:3.16(火)〜3.28(日) 10:00~17:00

※観覧無料  ※休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)

※制作活動の都合により、作家は常駐ではありません。ご了承ください。

※新型コロナウイルス感染対策として、滞在制作のご見学につきましては、

作家が制作しているお部屋にご入室いただかずに屋外から見て頂く形とさせて頂いております。

ご理解・ご協力の程よろしくお願い致します。

 

 

招聘作家

黒田  恵枝 (※2019年度 韓国・釜山派遣)

福岡県生まれ
2010 多摩美術大学美術学部情報デザイン学科情報芸術コース卒業
●個展
2020「Current Location」/Space9, ソウル , 韓国
2020「현 위치 Current Location」/Hongti Art Center, 釡山 , 韓国
グループ展
2020 Brillia Culture Spice / 上野の森美術館 , 東京
2019 種子島宇宙芸術祭 2019 / 種子島 , 鹿児島
2019 六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2019 / 六甲山 , 兵庫
アーティスト・イン・レジデンス
2020 MATSUDO"QOL"AWARD /PARADISE AIR, 千葉
2020 九州芸文館と釡山文化財団国際交換レジデンスプログラム / Hongti Art Center 釡山 , 韓国
受賞
2019 六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2019 奨励賞
2017 SICF18 審査委員栗栖良依賞
 
 
 
山口  貴一 (※2018年度 韓国・釜山派遣)
 
1984年佐賀県生まれ。東京造形大学卒業。
九州産業大学大学院修了。現在太宰府を拠点に活動中。
九州産業大学 芸術学部 非常勤講師、アジア美術家連盟会員
水城プロジェクト運営委員、私設美術館 富松孝侑彫刻展示館運営委員
●受賞
第64回福岡県展彫刻部門 朝日新聞社賞、第43回福岡市美術展彫刻部門 入選
第73,74,77,80,81回 新制作展 入選、第66回福岡県展彫刻部門 岩田屋賞
第4回天神ビエンナーレ 第3回 新世代アートフロンティア展 大賞
九州芸文館 船小屋トリエンナーレ2018 アーティストインレジデンス賞
AFAF 2019 入選
第40回 筑後市美術展 大賞
その他個展、グループ展や2012年より幼児児童向けワークショップを開催。
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
 
 

サテライト展

2人の作家が、九州芸文館滞在制作以前の作品を福岡市内の2ヵ所のギャラリーにて発表致します。

ぜひ、本展と一緒にサテライト展もご覧ください。

 

上の画像をクリックしていただくと、大きい画面でご覧になれます

黒田 恵枝 “Current Location”

日時:2021.3.4(木)〜3.10(水) 10:00~17:00

場所:ギャラリー港民館 (福岡市博多区上川端町9-35冷泉荘A-32)

※観覧無料

 

上の画像をクリックしていただくと、大きい画面でご覧になれます

山口 貴一 「 筑後 ∧ 山口貴一 」

日時:2021.3.4(木)〜3.10(水) 10:00~17:00

場所:GALLERY BEM (福岡市中央区大名1丁目11-29)

※観覧無料

 

過去のアーティスト・イン・レジデンス

昨年のアーカイブを下記特設ホームページにてご覧頂けます。

是非ご覧ください!

※クリックで別ウインドウが開き、ホームページにリンクします

 

↑ 特設ホームページにて、

昨年のアーカイブがご覧頂けます。