筑後の思い出写真展〜船小屋今昔物語〜

 

↑上の画像をクリックして下さい。PDFが開き、詳細を確認することができます。

「応募用紙 及び 写真使用承諾書」は、★こちらからダウンロードしてください★

 

「筑後の思い出写真展〜船小屋今昔物語〜」写真大募集!

 

タンスの奥深くに眠っている昔懐かしい写真たち。

とっておきの1枚を、九州芸文館で展示しませんか?

 

《事業目的》
地域の伝統文化の継承が問われている昨今、過去の写真を介し様々なものの変遷を知り、
時の積み重ねの尊さを味わう機会が必要です。
地域愛はその歴史を垣間見ることで生まれるものです。
その機会創出を目的として、今回「筑後の思い出の写真展〜船小屋今昔物語〜」を開催します。
写真は「百聞は一見にしかず」のごとく、世界共通言語です。
写真という芸術文化が世代を超えた身近なものでありながら、価値の高いものであるということを再認識し、
「記憶の記録」が芸術文化活動として大変尊いものである事を伝え、地域文化の醸成に努めます。
 

 

《募集内容》
「筑後の思い出写真〜船小屋今昔物語〜」募集について
昭和時代に撮影された、筑後地域周辺の風景や街並み、人々の様子など、
昔懐かしい写真を幅広く募集します。

 

1.募集内容
昭和時代の筑後市内の風景、街並み、人々の様子等がわかる写真(家族の集合写真等はご遠慮ください)

 

2.応募写真について
・プリント写真で応募して下さい。
・モノクロ、カラーは問いません。
・プリント写真の大きさは、L判〜A4以内とします。

 

3.応募条件
・昭和時代に撮影されたもの(※大体の撮影された年と場所が分かるもの)
・撮影者本人又はその著作権継承者による応募であること
・第三者の著作権、肖像権その他の権利を侵害しない作品であること
・法令、公序良俗に反しないもの、または反するおそれのないもの
・応募は、一人につき写真3枚まで

 

4.応募方法
「応募用紙 及び 写真使用承諾書」に必要事項をご記入頂き、
プリント写真と共に九州芸文館まで郵送または持参してください。
写真はスキャニングした後に、後日応募者に郵送で返却致します。
※「応募用紙 及び 写真使用承諾書」の印刷は、★こちらをクリック★して下さい。
応募締め切り:8月11日(水)当日消印有効 

 

5.応募・問い合わせ先
【送付先】
〒833-0015 福岡県筑後市大字津島1131
九州芸文館「筑後の思い出写真〜船小屋今昔物語〜 応募係」

【お問い合わせ】0942-52-6435 (担当:坂井)

 

6.活用方法
主催者側で応募写真をスキャニングし、
大きなサイズに拡大してプリントしたものを
作品キャプションとともに展示します。
応募写真の現物展示をする事はありません。
作品キャプションは、応募用紙で記載頂いた情報を元に
こちらで作成します。
なお、原則全ての作品を展示予定ですが、
応募多数の場合はこちらで選別させて頂きます。
今回展示されなかった作品については、
次回開催時に優先的に展示させて頂く予定です。
こちらから選別について事前にお伝えする事はありません。
また、応募写真は、作者名・作品情報とともに、
九州芸文館ホームページ等で公開することがあります。

 

7.応募写真の使用許諾について
提供された写真の著作権は、
応募者(撮影者)に帰属しますが、
九州芸文館が無償で以下の内容で使用することについて、
同意したものとします。

● 九州芸文館にて展示すること
● 九州芸文館ホームページ・S N S等に掲載すること
● 九州芸文館が必要に応じて複製し、使用期日を設けずに使用すること
● 利用目的の範囲で、写真のサイズや明るさを編集する場合があること
● 九州芸文館が提供された写真を使用する場合に、「応募者氏名(本名)」を付して掲載すること
ただし、応募者が「応募者氏名(本名)」の掲載を望まない場合はペンネームを掲載するものとする
● 提供された写真の展示・掲載に関する可否や時期等について九州芸文館が判断すること
● 提供された写真の展示・掲載に関する可否や時期等について九州芸文館が応募者に対し 連絡や確認を行わないこと

 

8.注意事項
被写体に係る肖像権などについて、第三者の許諾などが必要となる場合、
応募者の責任において、当該承諾を済ませたうえで応募してください。
応募写真について、著作権侵害、肖像権侵害などに係る紛争などが生じた場合には、
応募者自身の責任において当該紛争などを解決するものとし、
九州芸文館は一切関与いたしません。
郵送中の事故や破損・滅失については、九州芸文館はその責任を負いかねます。
応募されたプリント写真の取り扱いには十分注意いたしますが、
万一の事故による破損(プリントの破れなど)の責任は負いかねますので、
ご了承ください。貴重な写真は、破損・滅失に備えて、ご自身でスキャンやコピー、
プリントするなどしてから応募してください。