福岡県立美術館コレクション展 美術に聴く“物語”

美術作品が語る「物語」に耳を傾けてみませんか。 

 

 
 
 

会期:2015年5月2日(土)〜6月21日(日)

開場時間:10:00〜17:00(入場は16:30まで)

休館日:月曜日 ※ただし5月4日(月・祝)は開館、5月7日(木)休館

観覧料:一般 210(160)円

※(  )内は20名以上の団体料金

※高校生以下、65歳以上の方、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方およびその介助者、教職員引率による高校生以下および引率者は無料

会場:九州芸文館 教室工房1・2

主催:九州芸文館美術展実行委員会

 
 
 
 
 

 

上左:古賀春江『窓』 上右:加治亜委子「オリオン座」
下左:鹿児島寿蔵「紙塑人形『太子孝養之像』」 下右:江藤日出男「遠い日」
 
 
美術と「物語」は、ときに深く結びついています。例えば古くから伝わる昔話や伝説、歴史上の出来事といった「物語」は、多くの美術作品で取り上げられてきました。
この展覧会では、福岡県立美術館コレクションから、そんな「物語」と関わる絵画や彫刻、工芸などを中心に40点をご紹介します。芸術家の創意工夫によって表された「物語」の数々をお楽しみください。 
 
 
 
 

関連イベント

 
おはなしのじかん

 おはなしを聞きながら、そのおはなしが表されている作品を見てみませんか。そうすれば作品にいったい何が表されているのかもっとよく分かるかも?

 
日時と内容:
 

5月17日(日)13:00〜「星座のおはなし1」※終了しました。

5月31日(日)13:00〜「うみとやまのおはなし」※終了しました。

6月14日(日)13:00〜「星座のおはなし2」

※各回30分程度
 
 

語り手:ちくご読書の会“ぺえじ”

場所:展覧会場内イベントスペース

対象:幼児〜大人

定員:20名

参加費:無料(申込不要、先着順)

 
 
 
よしながこうたく 読み聞かせ&ライブペイント 終了しました

『給食番長』などの絵本でおなじみのよしながこうたくさんが九州芸文館にやってくる!絵本の読み聞かせと、みんなとお話ししながらゆるキャラを描いてくれるぞ!!!

 

日時:6月6日(土)13:00〜14:00 ※終了後サイン会あり

講師:よしながこうたく(絵本作家)

場所:大交流室

対象:幼児〜大人

定員:100名

参加費:無料(要事前申込、先着順 ※定員になり次第締め切らせていただきます)

※詳細はこちら

 
 

よしながこうたく(絵本作家)

1979年生まれ。福岡在住。九州産業大学デザイン科卒業。18歳から作家活動をはじめ、イラストレーターとして国内外の様々な媒体の仕事を手がけ る。はじめての絵本『給食番長』が人気となり、シリーズ化。続刊には『飼育係長』『あいさつ団長』『おそうじ隊長』『ちこく姫』(いずれも好学社)がある。他の絵本作品に『おふろだいすき!ぷっぺ』(小学館)『ようかいガマとのシリーズ』(あかね書房)『ぼくだってウルトラマン』(講談社)など多数。

http://www.edomacho.com/ehon/index.html

 
 
 
ギャラリートーク

 ご来場の皆さんと一緒に展覧会場をまわりながら、学芸員が作品鑑賞のポイントをお話しします。

 
日時:5月9日(土)、5月23日(土)、6月13日(土) 14:00〜(30分程度)
 

場所:展覧会場

参加費:無料(申込不要)

 

 

◇関連イベント注意事項

※小学生以下のお子様は保護者の方同伴でご参加ください。

※イベントは全て参加無料ですが、一般の方(大学生以上65歳以下)は本展観覧券が必要です。

※企画の詳細・最新情報は当館ホームページにて順次掲載します。